冬にできる顎ニキビの原因と対策

厳しい冬がやってきました。空気は乾燥し、最も顎ニキビや肌トラブルには過酷な時期ではないでしょうか。

 

今回は、冬に気をつけてほしい顎ニキビの原因と対策をお伝えいたします。

 

 

 

 

夏の時期に顎ニキビができると考えられる3つの原因

目次(3つの原因と対策)
1. 乾燥
2. 気温の低下
3. 摩擦刺激

乾燥

冬は何といっても顎ニキビの大敵、乾燥の季節です。

 

エアコンをつけた部屋では加湿器などを利用しての湿度のコントロールが必要ですね。すぐに加湿器が用意できなければ、濡れたバスタルを干したり、コップに水をいれて置いておくのもオススメです。

 

部屋のなかでも肌がチクチクしたり、つっぱる感じがあれば、それは乾燥している肌からのSOSです。クリームなどで蒸発を防ぐよう保護をしてあげてください。

 

外からのケアだけでなく、内側からのケアも大切です。冬は、夏ほど水分をとらなくなりがちですが、日中こまめに水分補給を行ない、体の内側からも水分を保つように心がけましょう。

 

気温の低下

気温が下がると血行が悪くなり、新陳代謝が低下してしまいます。するとターンオーバーが乱れてニキビができやすくなってしまいます。生姜湯など体の内側から温まる飲食をしたり、お風呂にゆっくりつかり、保湿をかねて血行をよくしましょう。

 

ただし、熱いお風呂に長時間入っていると、血行が良くなることでかゆみがでたり、皮脂が洗い流されてしまい乾燥しやすくなります。長風呂には気をつけながら、入浴後の保湿もしっかりしましょう。

 

摩擦刺激

意外と盲点なのが冬の服装。寒いので、マフラーやタートルネックを着用する方も多いと思いますが、これの摩擦により顎ニキビができてしまいます。

 

春にできる顎ニキビの原因と対策”の項目でもお伝えした通り、物理刺激でも顎ニキビはできてしまいます。私はジャケットのフードについていたファーが顎にあたり、チクチク痒いので掻くうちに、顎ニキビができてしまいました。

 

マフラーは毎日洗わない方も多いと思います。しかし、室内でマフラーをはずしたあとその辺に置いておくと埃が付きますし、顎にも触れるのでファンデーションや口紅がつきやすくもあります。使わない時は、きちんと畳んでにしまっておくなど、清潔を保てるように心がけましょう。

 

いかがでしたか?
顎ニキビは季節の変わり目により原因と対策がかわってくるもの。自分のお肌と向き合いながら、季節にあったスキンケアができると良いですね。

 

 

>>顎ニキビ対策にオススメのコスメ<<

 

 

関連ページ

春にできる顎ニキビの原因と対策
徐々に気温も上昇して暖かくなる春ですが、この時期にできる顎ニキビの原因と対策についてご紹介します。
夏にできる顎ニキビの原因と対策
紫外線が強く日焼けが気になる夏。汗びっしょりになる暑い夏の時期にできてしまう顎ニキビはどうしても避けたいものです。こちらでは夏にできる顎ニキビの原因や対策をご紹介します。
秋にできる顎ニキビの原因と対策
紅葉の秋、そして食欲の秋。徐々に気温も下がり過ごしやすくなる時期ですが、季節の移り変わりの時期では気づくと顎ニキビが・・なんてこともあるでしょう。こちらでは秋に気を付けてほしい顎ニキビの原因と対策をご紹介します。